アナリサ  the Earth sustaiNability & friendLy Circle

地球に 世界に やさしいことがしたい
私たちは そんな衝動で動いています

6/8 梅雨に入りましたね。紫陽花がきれいに咲いています。そして、21日は夏至。今年もキャンドルナイトで、大切な人とスローな時間を・・・
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
about us
member
代表:あかね

副代表:りぃ

副代表:くらげ


kylin

トミー

俊介

しんや

やすこ

亮太

イチ
attention
このサイトの文章・画像などの著作権は、すべてアナリサ、また、各メンバーが所有しています。

無断転載などはなさらないよう、よろしくお願いいたします。
           
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
布ナプキンをつくろう!終了しました。
遅くなりましたが、ご報告です。
5月22日、今回は平日にしか参加できない方の要望にお答えして、木曜日の開催となりました。

参加してくださったのは、4名。
そのうちの3名は、私の職場の仲間で、マクロビオティックを生活に取り入れている方たちです。
そして、もう1名の方も、これから妊娠期から出産までを通して取材をするお仕事をされるそうです。
みなさん意識の高い方たちばかりで、アナリサ自身が非常に刺激を受ける会となりました。

チクチクと縫っている最中、「食」に関する話や、女性が経験する「妊娠・出産」の話。
そして、地球環境まで・・・いろんな話題が飛び交いましたが、結局はすべてはつながっているんだなぁと、再認識しました。

私自身、現在はマクロビオティックに携わる仕事をしていますし、結婚する前は看護師として救急医療、新生児集中治療室にて勤務していました。
これまで人の身体を重点的に勉強する機会が多かったのですが、現在は「食」を通して身体や地球環境のことを考える日々です。

チクチクと縫いながら、楽しい話をする傍ら、いろんな問題意識を、お互いに共有できる場があるというのは、とても重要なことだと感じました。
これからも、いろんな方との出会いを大切に、様々な情報の交換をしていけたらと思うひと時でした。


また、今回は枇杷の葉の染料を用意しました。
毎回染色の実演を行っていますが、枇杷の葉を染める機会はなかなかないだろうということで、時間がかなり押してしまったのですが、みなさんに縫ってもらったネル生地を染色してみました。
きれいな濃いピンク色に仕上がり、あとは使うだけの状態に。

このスピード社会で、手縫いをする機会など少なくなってしまいましたが、布ナプキンをつくる、このワークショップを通して、みなさんにスローな時間を感じてもらいたいなぁとメンバー一同願っています。
布ナプキンをつくろう! 終了しました。
こんにちは。GWですねー。
私たちは11日のフェアトレードイベント「いのちはめぐる〜sustainable」に向けて準備を進めています。
手縫い布ナプキンと、my箸&your箸袋の販売を予定していて、今日は枇杷の葉を染色しています。


ところで、先日「布ナプキンをつくろう!◆廚無事に終了しました。
来ていただいた参加者のみなさん、本当にありがとうございました。

当日の参加者は10名。
そして一緒に来た赤ちゃんや子どもたち、私たちを含め計15名がアットホームな空気の中、チクチクと布ナプキンを縫っていきました。

途中、よもぎとタマネギの染色の実演を行い、枇杷の葉の染色の魅力も含めてお伝えすることができました。
右がタマネギ、左がよもぎの染色を施した布ナプキンですね。
タマネギはしっかりカラシ色。
よもぎは案外うすく染まって、うっすら若草色ですね。

特にタマネギの皮は手に入りやすいものですので、気軽に染色できますね。
布ナプキンが汚れてしまっても、染色することでリフレッシュしたナプキンを使うことができ、これぞリサイクルでエコなのです♪





 これは枇杷の葉の液。
 近所のおじいちゃんに頼んで、
 枇杷の葉を30枚ほどいただきました。

 枇杷の葉は常葉樹なので、葉がとっても汚れています。
 しかも、染色には古い葉を使うのでなおさら。

 帰ってからタワシでゴシゴシ洗うと
 タワシがだいぶ汚れましたねー。
 枇杷の葉の染色は、タマネギやよもぎと違って、
 3日間の下準備が必要です。


というのも、枇杷の葉に含まれるアミグダリンというビタミンB17の成分によって、徐々に液が黄色→オレンジピンク→濃厚な赤に変化していくのです。
この日はその変化を見てもらうために一日目に煮出した液と、二日目に煮出した液を見比べてもらおうと、2つのビンに入れて持っていっていたのですが、ワークショップが終わる頃には、なんと一日目の液が黄色からうすいピンクに変わっていて、みんなで「すごいねー」って驚いていました。

その他、綿の歴史やワークショップで使っている無漂白ネル生地、フェアトレードについてのミニ勉強会を開催することもできて、なかなか充実した会となりました。
まだまだ改善点の多いワークショップですが、参加者のみなさんの温かい気持ちに支えられて、「これからもがんばっていこう!」と、メンバー一同 励まされてます。

本当にありがとうございました。
次回は平日の開催で、5月22日(木)です。
第一回 布ナプキン ワークショップ終わりました。
昨日、アナリサ初のワークショップ「布ナプキンを作ろう!」が終了しました。
ありがたいことに、今回は6名も参加がありました!

私たちメンバー3名、参加者と一緒に、無漂白ネル生地を チクチク手縫いで布ナプキンを縫っていきます。
初めは縫い方(ブランケット ステッチ)が分からなくて、戸惑う場面もありましたが、お互いに教え合いながら進めることができました。
何かを手作りするという楽しさを 共感できたように思います。
 


  タマネギの皮による染色実演もしました♪
  染色には煮沸もするので、衛生的にもいいですし、
  汚れが落ちやすくなるという効果もあるのです☆
  きれいなからし色になるので、みなさんお試しくださいね。


お互いに「はじめまして」の人がほとんどであったにも関わらず、作業中いろんな話で盛り上がりました。
こうして、このワークショップを通して知り合えた、みなさんに感謝です。
本当にありがとうございました。



次回は4月29日(火・祝)に開催です。
さらにバージョンアップさせたいと考えているので、ぜひご参加くださいねっ!



ワンフェス行ってきました。


みなさん、お疲れさまでした。
2日間、無事終了しました。

今回わたしは初めて参加し、「ほっとけない 世界のまずしさ」のボランティアとしてお手伝いさせてもらいました。
たくさんの方とお話することができて、非常に楽しかったです。

ようやくアナリサの活動基盤ができた時期に、このイベントに参加できた意義はとても大きいです。
これから、飛躍できるようにがんばりたいねー、みんな。




P.S.
ワンフェスでアナリサのことを知って遊びに来てくださった方、ありがとうございます。
よかったら、横の「メッセージはこちら」バナーを押して、メールをくださったら嬉しいです。
よろしくお願いします。


ゴミ拾いしてきました。
11月24日(土)11:00〜12:00

場所:淀川河川敷

アナリサが誕生した直後から、メンバーがやりたいと思っていた「ゴミ拾い」。
やっと実現しました。

当日はお天気にも恵まれ、冬に入る前の小春日和。
参加したのは、副代表のくらげ、りぃ、そして りぃの一人息子そんくん、私 あかねの4名でした。

集合場所の地下鉄 西中島南方駅から10分あまり歩くと河川敷に着きます。
駅周辺も 吸殻やビニール袋などが散乱していましたが、河川敷へ向かうまでの道のりは、徐々に人通りが少なくなっていくためか、不法投棄された大型ゴミや、食料をそのまま捨ててあったり、車道横のガードレールの外には芝生が見えなくなるほど、びっしりと大量のゴミ・・・
目を背けたくなるほどです。
ガードレールより外側は、足場が危険なので、今回は行いませんでした。

堤防を登って河川敷へ。河川敷はとてもきれいに整備されていることもあって、ゴミはほとんどありませんでしたが、車が入ってくることもなく安全なため、あたたかなおてんとさんの下、のんびりとゴミ拾いです。
一時間ほどして、お昼時だったのと、程よい疲労感にて終了しました。

4人とも、ゴミ拾いを行ったことで爽快感が漂っていました。
家の中を掃除するのと同じように、ゴミ拾いも気持ちがいいものです。

次回開催は未定ですが、次回は、より目に見える達成感を感じられるためにも、事前に場所選びを行っておきたいと思います。
みんな、お疲れさまでした。


8/3 カフェミート
報告遅くなってすみません。りぃです。
暦の上では秋といっても、まーだまだ暑いですねー。

8月3日、カフェミートを開催しました。
今回から開催場所は風人(かじぴとぅ)の家。
http://www.painukaji.com/
参加者はくらげが連れてきてくれたTEAM GOGO!の方が2人と、アナリサのくらげ、りぃ+そんくん(りぃの息子4才)。
(TEAM GOGO!に関してはこちら↓をどうぞ。
http://www.teamgogo.net/sanka_index.html
風人の家は、私は初めて利用したので、ちょっとドキドキ。。。
でも行ったらとっても居心地よくて、いい感じでした♪
最初、連れて行ったそんくんが恥ずかしがって大騒ぎ。
とりあえず近くのモスまでお昼ご飯を買いに。
帰ってきてもそんくんはしばらく嫌がって入ろうとしませんでしたが、TEAM GOGO!の方が遊んでくださってどうにか入ってくれました><
なんとなくそのままご飯。。。段取り悪すぎでした。すみません。
で、みんながご飯終わって、自己紹介をしてから、まずくらげが「ハチドリのひとしずく」の紙芝居をしてくれました。
元の話に、続きがついたもので、とってもいい感じでした。

それから、トーク開始。
今回の参加者はTEAM GOGO!の方たちだったので、豪快な号外の話や、私たちアナリサのアナリサインフォのはなし、そこからどんどん話しは広がり、マイバックやマイ箸、リサイクル、バイオエタノールや原発のことなど、いろんな話しができました。
本当におしゃべり、という雰囲気でいろいろ話せたのはよかったなぁと思います。
ただ準備不足で進行役がしっかり決まっていなかったり、大まかな流れも決めていなかったのは良くなかったですね。
以降、しっかり準備して臨むようにしたいです。

カフェミートは今後どんどん形を変えていきそうです。
何か作ったりしながらおしゃべりしたり、お料理なんかしても楽しそう。
いろんなことをやりながら、いろんな方と地球のことについておしゃべりできたらと思っています。
ほっとけナイト反省文
みなさま、お元気ですか?
ANNEです。
今日はようやく落ち着いて過ごせた一日だったので、ゆっくり反省文でも書くことにしました。
かれこれ2週間も前のことですから、大切なことを忘れないうちに。
めっちゃ長いので、ご注意を。
よかったらメンバーのみなさん、コメントください。


***概要(感想含む)***

6月10日午後12時
浪速区民センターに集合。
メンバーがぼちぼち集まってきて、キャンドルナイトの準備、ペットボトルに水を汲みながら部屋の貸し出し時間まで待機。

12時半すぎに林さん、岡田さんが到着。
13時より準備開始。

14時前にぽつぽつぽつぽつと参加者が来られました。
今回は、学生さん2人。
愛知と福岡からのかた2人。
計4人でした。

14時に開会。
林さんの講演が始まりました。
演題は「新しい貧困のなくし方」

この講演で印象に残ったこと。
「貧困をなくすには」レジメに沿って書いてみると
)椰諭陛事者)の努力 地域の努力と工夫 9顱政府の政策、優先課題 す餾歸な市民の行動

´△聾獣呂嚢餾飮抉腓靴討い訝賃里携わる領域で、直接支援の形態ですね。
は政府やNGOなどの、研究者・専門家たちが動く領域。

一見これでおさまるのではないかと思われがちだけども、実はい一番重要。
いわゆる、わたしたちが行っている「アドボカシー」です。

林さんが言うには、専門家たちがあーだこうだと言ったところで、政府は予算がどうだとか、なんやかんや理由つけて横脇に置こうとする。
でも、市民がなにかガヤガヤとしていたら気になると。
そのガヤガヤが政府を動かすだろうということ。

実際、パフォーマンスだかなんだか分からないけど、9月に小泉さんが結局サミットに行くことになって、ああいう演説をしたわけだし。
それからのODA問題はどうであれ、わたしたち市民にはそれだけの力をもっているとらしい。

そして、ここからが重要。

でも、ホワイトバンドブームが通り過ぎた今、どうするか。
これから2年間は、2008年の日本で開催されるサミットに向けての準備期間。
この2年間、何をどうするかという明らかなビジョンはまだわからない。
これからその時々で、自分たちのキャパ内でやっていけばいい。

ただ、「準備している人が動ける」ということ。
これが重要。

世界の貧困問題だけに限らず、日本国内の貧困だとか子どもたちの心身の問題など、散在している数多くの問題に積極的に勉強し、取り組んでいる人は、いざというときに動ける。
準備していない人は動けない。

準備かぁ。
これを聞いたとき、「わたしたち準備できてる?」と思った。
でも、そのあとに林さんが、「今はゼロではない」ということを何度も言っていました。
「ゼロではない。」
9.10のような熱さはないけど、1年前は知らない者同士が、こうやって輪になっている・・・

そう、講演会のあとはディスカッションでした。
全員で14名だったので、みんな輪になって話をしました。

参加してくれた人たちが、とってもいい意見を言ってくれて、とても嬉しく、刺激になりました。
その反面、参加者がいろんな知識を持っていて、熱く語っているのに、自分たちはどうなの??と非常に恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。

ほっとけナイトの終了後、参加者のひとりの方が同業者だったので、片付けそっちのけでいろんなことを話しましたよ。
話をしていくうちに、「もしかしてイチカン?」と聞かれ、そうですというと、「わたしケンカンやねん」って。
びっくりお隣の大学の先輩でした。
お隣っていっても、リュウカではなくて、同系大学のお隣。
嬉しかったですねー。
名刺を渡したら、わざわざメールもいただきました。
お互いがんばろうと励まし合いましたよ。



***こっからは反省文***

参加希望の募集は50名。で、実際来られたのは4名とあとはメンバー8人。林さんと岡田さんには本当に申し訳ない思いでいっぱいでした。

共催にしていただいたお礼というか、後継として、わたしたちが今回強く反省したことを、これまでと違う形で活動していく必要があると思いました。

今回、参加できなかったメンバーがいます。理由は色々あると思いますが、9.10のときの想いと比べてどうだろう?ということ。それは、参加したわたしたちも。熱い、冷めてるとかそういうのではなくて、どういう意味かはこの先読んでいってもらいたいのです。

新体制になったときに、窓口をもっと広くしてほしいという要望がありました。それを見たとき、批判されたような気がして、正直仲良くわいわい何が悪い?と思った。でも、今回、参加者が少なかったことを通して、この意味がようやくわかった気がした。

今回強く思ったことは、もっと話し合う機会をつくるべきだと思う。これまで、メンバー内でイベント準備の話し合い以外の、貧困問題についての議題が挙がったことはないように思うし、メンバー同士の知識だとか、想いの共有もできてない。なんとなく仲良しの集まりみたいになってたと思う。

もしかすると、こういう形態が、中へ入りづらくさせているんじゃないかと。今回の参加者の意見を聞きながら、もっとメンバー一人ひとりの想いを知りたい、市民の方たちの意見も聞きたい、聞くべきだとも思いました。常に柔軟に対応できるチームでいるために。世界の貧困問題に、自分以外の人たちがどのように考えていて、どのような要望があるのか、常に耳を傾ける姿勢でいる。それが、「窓口を広くする」ということではないか、そういった姿勢こそ、林さんのおっしゃる「準備」ではないかと思うのです。

わたしたちは、「楽しく」をモットーにやっているけれど、決して「遊び」でやっているわけではない。アドボカシー活動をしている。目を覚まされるような思いがしました。


***個人的な希望***

これからは、おおさかも月2くらいで、ほっとけナイト形式の定例会していきたいなぁ。土日の昼間と平日夜とか。市民の人にももっと呼びかけていったり。勉強会もしていきたい。ODAのこともほったらかしだし。
わたし、9月から始まる今年度の関西NGO大学に参加しようかなと思ってる。去年くらげが行ってたやつね。計6回コースで、去年はボディショップの人の講義もあったらしいし、興味深い。関西NGO協議会の力は大きいと思うし、それに、事務局長の今田さんにも言われたけど、ODAの勉強をしたいのなら、NGOの人を呼んでもいいし、実際NGO大学行った人に講義してもらってもいいんじゃないかって。

そんなことを考えているのです。
早くみんなに会って、今後の活動方法を話し合いたいです。
3月24日ほっとけナイト準備会に参加
報告がだいぶ遅くなってしまいました。
「早く書かないといけないなぁ」と思いつつ、こんなにも日が経ってしまいました。
すみません。
では、さっそく。

***

24日に東京へ行ってました。
私のブログにも書いたのですが、都合が合ったので、ODAの勉強会出席のため、SUNNY SIDE UPへ行ってきましたよ。

詳しくはこちら
⇒東京春日
<http://blog.drecom.jp/redsky_blog/archive/374>


夕方から事務局の岡田さんとお食事に行く予定だったのですが、予定を立てた後に、事務局でミーティングが入ってしまい、そのため私も30分だけそのミーティングに参加させていただきました。

主催者の鈴木かずえさんが「7時なのに来ないなぁ。誰も来ないのかなぁ」と心配されていたら、1人1人とぽつぽつと「ほっとけないアジト」に入ってきました。

一体どんな人たちが来るんだろうと思っていたら、みなさん大人しいというか、よそよそしいというか、緊張されている感じでした。
そんな人たちがなんでここに来るんだろうと「???」な状態の私だったのですが、その理由が次第に分かってきました。

「ほっとけナイト準備会」が始まり、まずは自己紹介をしていったわけですが、その参加した人たちがみんな、「9月のときから参加させてもらってます・・・」とか、「私は12月のボランティアから・・」とか言うのです。

「ほっとけナイト」の開催方法について話合いが進んだときに、
ある人が「それぞれに家の都合があったり、生活によって都合のいいときが限られると思うから、みんなが参加するのは難しいんじゃ・・」って言ったときに、
大阪代表として意見を求められてしまいました☆

おおさかでも、みんなが集まるって難しいですもんね。
12月のイベントの前に、1日中区民センターを借りて、何回かミーティングしたときがあったじゃない?
そのことを話したら、「へぇ〜」ってとっても感心されてしまいました。
なんだか心地よかったですよ☆☆
この辺で、だいたい「この人たちはみんなで集まって話し合ったりしたことがないんだな」って分かってきたんで、
電車に乗ったときに岡田さんに
「東京やこの辺では、おおさかのようにチーム作って活動はされていないんですか??」って聞いてみました。
そしたら、「東京はないですね。茨城とか、埼玉、千葉とかもすぐに東京に来れちゃうから、9月のときも来てたみたいだし。」って。

首都圏ではチーム作ってないそうです。
そして、この日に集まった人たちは、これまでのイベントのボランティアさん達だそうです。
毎回事務局が呼びかけていたようです。

それを知ってしまうと、ブログ上で呼びかけられたとは言え、おおさかはほぼ自然発生的に生まれて、活動してきているし、さらにみんな仲がよくって、すごいなぁって。

岡田さんは市民の人たちとの窓口をしているので、他と事務局とのやり取りでの苦労話も色々聞かせていただきました。

私たち おおさかは、
独自のやり方で活動をしているし、
事務局へ(これからはきちんと)連絡しているし、
ましてや事務局へクレームやら、変な要望なんてせずに、
いい感じの関係を保てているので、これからもこの姿勢でやっていったら、全国区でもモデル的なチームになれるんじゃないかと思いました。

みなさん、
これからも自分の生活を持ちつつ、
楽しく、気軽に、かっこよく
ホワイトバンド***おおさかをやっていきましょうね。

以上、東京で感じたことの報告でした。


2月18日議事録。
議事録

【今後のWBO】

◇代表自身が仕事の都合上、WBおおさかのメンバーとして活動に参加が難しくなってきていることと、過去2回のWBDの反省も踏まえた上で降任を表明。
◇今後、WBOを解散するか、継続するかを話し合いました。


【結論】
◇12.10などいままでの問題を全てクリアにして、副代表が代表となって信頼できる仲間と新体制を整えて、 新たにして継続していく。

◇今までのHP上で新体制に代わるという告知を行い、3月末を持って、今までのHPはクローズする。
(記録として保存はするけれど更新はしない)
掲示板についてはクローズの検討。

◇メンバーについては今回の事を連絡して(実行委員、スタッフ全て含む)
 個々に新体制の下、活動を続けるかを判断してもらう。
 連絡係も変更。

お待たせしました。12.10会計報告
12月10日のイベントでかかった費用と、
その費用をどうするのか、2月18日のミーティングで話し合われたので、
まずは会計報告をします。


会計報告

【参加メンバー】  
代表/副代表/トミー/あきら/イチ/ANNE/tiny/亮太/shinya/ゆうみ

【第1案】

ブース 支出:人数(1人あたり)

子ども  9,038 :6 (1,506)
フェアトレード  4,147 :3 (1,382)
債務  5,893 :4 (1,473)
WB  11,278 :7 (1,611)

ブース合計  30,356 :20


全体分 支出:人数(1人あたり)

音響  30,000
チラシ 3,696
清掃  2,062

全体合計 35,758
代表・副代表負担 4,000 :2 (2,000)
全体負担 31,758 :22 (1,444)

☆各ブースのメンバーはブースでかかった費用をそれぞれ等割で負担する。
  
☆全体分については代表・副代表がまず、各2000円を出し残額を代表・副代表を含めた全体人数の22人で等割にし、各1444円を負担。

【第2案】

支出 :人数(1人あたり)
ブース経費 30,356
全体経費  35,758
合計    66,114 :22 (3,005)

☆各ブースでの個人負担金額と全体分の各負担金額の合計が約3000円前後になるということから
 全員一律3000円の負担とする。

☆端数114円は代表負担とする。

【結論】

もともと第1案であったが、話し合いの結果、それほど差額がないため、全体で等分に割って負担する第2案を採用する事とする。


3月15日までに各ブースごとに集金
3月末までにリーダーのみ集合で清算とする。



今回の会計についての問題点・反省点は、

.ぅ戰鵐箸隆覯萠案の段階で費用についての話合いが行われていなかった。話合いはあったが、きっちり決めていなかった。

学生と社会人の差額なし。

費用については、重要なこと。
今後はこのようなことがないようにしていきます。
イベントを行うにしても、事前に決定することも必要だが、できるだけ低コストで考えていく必要があると考えています。

何か疑問やコメントがあれば、遠慮なく投稿してください。