アナリサ  the Earth sustaiNability & friendLy Circle

地球に 世界に やさしいことがしたい
私たちは そんな衝動で動いています

6/8 梅雨に入りましたね。紫陽花がきれいに咲いています。そして、21日は夏至。今年もキャンドルナイトで、大切な人とスローな時間を・・・
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
about us
member
代表:あかね

副代表:りぃ

副代表:くらげ


kylin

トミー

俊介

しんや

やすこ

亮太

イチ
attention
このサイトの文章・画像などの著作権は、すべてアナリサ、また、各メンバーが所有しています。

無断転載などはなさらないよう、よろしくお願いいたします。
           
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
ホワイトバンドとは
<ホワイトバンドとは?>

□起源

 ホワイトバンドのキャンペーンは、世界中に広がっています。2004年の初秋、ヨハネスブルグの会議でG-CAPの骨格が決まったときに、何か共通のシンボルをということになり、ホワイトバンドが発案されました。今では、それぞれの国で各々のデザインをほどこしたホワイトバンドを見ることができます。ある国では、ただ単に白い包帯を巻きつける人、白い糸を巻きつける人もいます。お店で売っているホワイトバンドが買えなくても身近なもので代用できるようにという配慮のもと、白い色をシンボルにしました。私たちも白いものであれば多種多様なバンドがあって構わないと考えています。

□日本の場合

 グローバルなキャンペーンは2005年初からスタートし盛り上がりを見せていましたが、日本は5月26日にキャンペーン立ち上げの集いが東京で開催されました。6月、(株)サニーサイドアップがG-CAPのムーブメントに賛同し、協力企業とともに「ホワイトバンドプロジェクト」を立ち上げ、事業パートナーとして、ホワイトバンドの制作・販売、流通全般を担うことになりました。

□募金活動ではありません

 ホワイトバンドの300円は、途上国に食料や医薬品などを届けるという意味での募金活動ではありません。貧困をなくすためには、現地の人たちによる努力への支援や協力に加えて、貧困を作り出す世界の構造を変えることが必要だと考えています。具体的には、(1)開発援助の質の向上と量の増大(2)最貧国の債務の削減(3)貿易のルールの公正化です。これらを求めてこのキャンペーンでは、「お金ではなく、あなたの声をください。その声をあらわすホワイトバンドを身につけてください。」とお願いしています。このキャンペーンの目的は、「貧困をなくす政策をみんなが選択する」ことです。そしてそのための「意思表示」がホワイトバンドです。
スポンサーサイト
- | 00:00 | - | - | pookmark
コメント
コメントする