アナリサ  the Earth sustaiNability & friendLy Circle

地球に 世界に やさしいことがしたい
私たちは そんな衝動で動いています

6/8 梅雨に入りましたね。紫陽花がきれいに咲いています。そして、21日は夏至。今年もキャンドルナイトで、大切な人とスローな時間を・・・
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
about us
member
代表:あかね

副代表:りぃ

副代表:くらげ


kylin

トミー

俊介

しんや

やすこ

亮太

イチ
attention
このサイトの文章・画像などの著作権は、すべてアナリサ、また、各メンバーが所有しています。

無断転載などはなさらないよう、よろしくお願いいたします。
           
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
布ナプキンをつくろう! 終了しました。
こんにちは。GWですねー。
私たちは11日のフェアトレードイベント「いのちはめぐる〜sustainable」に向けて準備を進めています。
手縫い布ナプキンと、my箸&your箸袋の販売を予定していて、今日は枇杷の葉を染色しています。


ところで、先日「布ナプキンをつくろう!◆廚無事に終了しました。
来ていただいた参加者のみなさん、本当にありがとうございました。

当日の参加者は10名。
そして一緒に来た赤ちゃんや子どもたち、私たちを含め計15名がアットホームな空気の中、チクチクと布ナプキンを縫っていきました。

途中、よもぎとタマネギの染色の実演を行い、枇杷の葉の染色の魅力も含めてお伝えすることができました。
右がタマネギ、左がよもぎの染色を施した布ナプキンですね。
タマネギはしっかりカラシ色。
よもぎは案外うすく染まって、うっすら若草色ですね。

特にタマネギの皮は手に入りやすいものですので、気軽に染色できますね。
布ナプキンが汚れてしまっても、染色することでリフレッシュしたナプキンを使うことができ、これぞリサイクルでエコなのです♪





 これは枇杷の葉の液。
 近所のおじいちゃんに頼んで、
 枇杷の葉を30枚ほどいただきました。

 枇杷の葉は常葉樹なので、葉がとっても汚れています。
 しかも、染色には古い葉を使うのでなおさら。

 帰ってからタワシでゴシゴシ洗うと
 タワシがだいぶ汚れましたねー。
 枇杷の葉の染色は、タマネギやよもぎと違って、
 3日間の下準備が必要です。


というのも、枇杷の葉に含まれるアミグダリンというビタミンB17の成分によって、徐々に液が黄色→オレンジピンク→濃厚な赤に変化していくのです。
この日はその変化を見てもらうために一日目に煮出した液と、二日目に煮出した液を見比べてもらおうと、2つのビンに入れて持っていっていたのですが、ワークショップが終わる頃には、なんと一日目の液が黄色からうすいピンクに変わっていて、みんなで「すごいねー」って驚いていました。

その他、綿の歴史やワークショップで使っている無漂白ネル生地、フェアトレードについてのミニ勉強会を開催することもできて、なかなか充実した会となりました。
まだまだ改善点の多いワークショップですが、参加者のみなさんの温かい気持ちに支えられて、「これからもがんばっていこう!」と、メンバー一同 励まされてます。

本当にありがとうございました。
次回は平日の開催で、5月22日(木)です。
スポンサーサイト
- | 07:55 | - | - | pookmark
コメント
コメントする